戻る ホーム

事業内容


事業内容


「西洋手相術」を中心に占いによって世の中を元気にしていく」をモットーに、占い事業を展開しています。毎日、一生懸命休まず働いている人が癒される場所が少ないと言われています。私たちはもっと話すことが必要です。自分のこと、家族のこと、そして将来のこと。占いもひとつのコミュニケーションツールです。占いをきっかけとして、幸せを広げる事業をおこなっています。


人生の悩みを解決するには、自分の性格を知ることが大事


「私って何のために生まれてきたの?」

「人生の目標って何?」 

「何のために生きてるの?」

 

ということを

探求するために、

多くの人が悩み苦しんでいます。

 

そうした悩みを抱く時には、

決まって別の悩みが発生しています。

 

占いの現場にいると、悩みはだいたい

3つの問題に集約されます。

「人間関係(恋愛を含む)」

「仕事(お金を含む)」

「健康(病気を含む)」

 

こうした問題と人生の目標の問題は

実は表裏一体でもあります。

 

そして、この問題は少し視点を変えれば、

改善をすることができます。

 

その視点とは、自分がどのように

人生の課題に取り組んでいるのか

ということを客観的に知るために

「自分の性格」をよく知ることです。

 

性格=人生の目標

 

心理学者アルフレッド・アドラーが書いた著書の中に、

『性格論』(性格の心理学)というのがあります。

この中でアドラーは、性格は人生の課題に取り組む

心の表現形式だと語っています。

人生の目標が変われば、性格も変わる

としています。

 

自分の性格を変えたいと思うなら、

人生の目標を変えればいいのです。

こんなはずじゃなかった人生は、

自分の性格が引き寄せているのです。

人生の目標を変えれば、

性格が変わり、これだと思う

人生が実現します。

 

この仕組みを単純に表現するならば、

 

性格=人生の目標

 

という感じでしょうか?

 

性格というのは、遺伝的要因ではなく、

社会的な影響によって変化するものだ

とアドラーは信じていました。

人生の課題にどう取り組むかが問題で

あって、性格が問題ではないという

ことですね。

 

ちなみに、社会的な影響で最も大きいのは、

子どもの頃の家庭環境です。

 

性格は2つの力から生まれている

 

そして、アドラーは、性格は2つ

の対立する力のせめぎ合いから

つくられる、としています。

 

①権力欲、自己権力の拡大欲

②共同体感覚と連帯感

 

前者は私個人としての欲求です。

後者は私の社会人としての欲求です。

どちらかが過度に欲求されると、

破たんをきたしますし、前述した

3つの悩みが出てくると思います。

 

これらのパワーバランスは、

西洋手相術で言えば、

①は個人天体(Personal planet)

②は社会天体(Social planet)

 

として分析できると私は思っています。

 

自分がどのようにして、人生の課題に取り組み、

つまづいているのか?

そして、どうすれば、人生の課題を解消できるのか?


そのことを西洋手相をはじめとした、

西洋の占術で皆様にお伝え致します。